ゲットしてもらおうということです

残念ながら現状では大変珍しい事例を除外して割引券販売店においてクレジットを使う事が出来る売店はほとんどありえません。

このような根拠から、American Express、Diners clubなどの商品券を使用した間接クレジットカード使用の手法はたまにしか現実的に利用するに近いでしょう。

それではどういう手段を活用すれば間接クレジットカード使用が可能なのでしょうか?と聞かれればその方法とは今流行している電子マネーというEdy(エディ)、Webmoney、QUICPay、だったりSuica(スイカ)、nanacoなど。

実のところ、これらを駆使して間接的クレジットを実行するという事もできたりします。

Edy、Webmoney、QUICPay、だったりnanacoなどはクレジットカードで買い取るという事が可能なギフト券:PASMO、QUICPay、とかSuica、nanacoなどに馴染みのない方々から見てみたらなんとはなしにハードな感じを憶測するかもしれませんが、それらの電子マネーという物はいわばなんてことはない商品券です。

VISA、American Express、NICOSなどののギフト券とまるでズレはないでしょう。

重ねて電子マネーというものはクレジットカードを駆使して容易に買い付けする事ができることが特色だったりします。

またこういった電子マネーという物はこのところ、スーパーを始めとして、駅ナカや多岐にわたるショップなんかにおいても駆使する事が出来得ることになっている。

「当売店の品物の購入にはカードはご使用になれません」と書かれているような販売店での支払いでもEdy(エディ)、iD、Smart Plus、だったりVISA Touch、nanacoなどなら駆使できる事が少なくないのです(クレジットポイントがしっかり貯められる)。

要約するとクレジットが扱われていないショップで直接でないようにクレジットを用いる方法でクレジットカードポイント分をゲットしてもらおうということです。

通常、高い買い物をするのみでは得られないポイントだから何としても利用法を参考にしてほしいです。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.clubblujazz.com All Rights Reserved.