過失の割合がどうなのかを確定させるのです

自動車の事故があった場面で己が被害者だとしても向こう側が責任を全く受け入れない場面はかなり多く聞くことがあります。

例えば、意識的に起こしてしまったのと違いちょっと気が抜けて相手の自動車を激突した状況などに口論になるケースがありそうです。

だからと言ってそこで車だけの物損対応され忘れた頃に症状が出た時に、診てもらった病院の証拠書類を警察に提出するのでは対処が遅れる感は仕方がなくなってしまいます。

それならば自動車での事故の過失割合の認定にはどういう風な判断基準が存在するのでしょうか?正確に言いますと警察が決定するのは主に事故の大きな手落ちが認識されるのはどちらの車かという事であり過失の割合ではないのです。

まして、決められた事故の過失者が警察から教えられる事は状況は有り得ないです。

そんな訳で、過失の割合がどうなのかは事故に関わった人たちの相談により決定されたその事が事故の賠償の基準になる訳です。

この場面で、共に自動車任意保険に入っていない時には当事者同士が面と向って話し合いを余儀なくされます。

ところが、当然の事ながらこのやり方では、冷静さを失った押し問答になる場合が多いです。

それに加えて、お互いの言い分に隔たりがあれば下手をすると、裁判にはまり込む、多くの時間と裁判費用甚大な損害は避ける事が出来ません。

それにより概ね、事故に関わってしまったそれぞれの当人に付随する自動車保険会社、その各々の自動車の保険会社に交渉を委ねる手立てを利用して、過失の割合がどうなのかを確定させるのです。

こういった場合には自動車保険の会社は、以前の事故の裁判によって導きだされた結果から計算した基準、判例集などを土台として、想定とやり取りを交えて過失割合を算定します。

そうであっても、自動車の事故の例では、遭遇してしまったのか巻き込んでしまったのかの状況を問わず、まず最初に110番に連絡するのが鉄則です。

その上で保険会社に電話して、その後の交渉を委ねるのが順序となります。

手順さえ知っていれば、お互いの無意味な協議となるケースを回避できます。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.clubblujazz.com All Rights Reserved.