こうした経済情勢を見つつ

外国為替証拠金取引についての面白みは、単品の投資商品であるのですが、お金を掛ける期間を「短期」「中期」「長期」の3種類の中からどの種類をチョイスするのかによって、投資の方策が全然異なってくるという点にあります。UVカットパーカー 薄手

まず外貨に対して投入する「長期スタンス」を考えましょう。キレイモ錦糸町店

長期というのは、一年以上の出資が原則とされているものです。税理士 大阪府 変更

普通は為替の相場で一年も先々の為替のレートが円高になっているだろうか、逆に円安であるかを予測することは無理に近いです。岩元 おせち 予約

実際は、「それほど後々の将来のことは考えられない」と思うのが現実でしょう。

わからないのにがんばって考えようと思ってもそんなことは無謀なことです。

そんなわけで外貨を買って、買ったタイミングの価格よりも円高に変動したとしても、それは少し経てば円安に戻るだろうという気持ちで取引にチャレンジする必要があります。

為替の利益をがんばって追いかけるよりも他の方法での収益要するにスワップ金利を大きくするのを、初めの望みということにして投資しましょう。

当たり前ですが短期的に為替変動の影響で損がすごくなってしまうこともあります。

そういったことからこのような損が大きくても耐えられるようにレバレッジを少なめでやり取りする心がけは大事です。

外国為替証拠金取引(FX)は損がある金額よりも大きくなると、追い証が出て来たり、ストップロス(ロスカット)を置くことになります。

ストップロス(ロスカット)をすることになったらさっさと売買をフィニッシュする必要があり、長期の取引をできなくなります。

この手のリスクを回避するには、レバレッジ2、3倍程度で売り買いするべきです。

今度は中期投資でのやり取りについてです。

中期スタンスのケースは長くて1、2ヶ月ほど後々を想定しての売買です。

為替の売買の時、およそ1ヶ月くらい後のことは、ほとんどの場合推測できると思われます。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などのような国際的な論議とか、為替取引参加者がいかなる点に興味があるかを確認すればおおよそ、想定できるのです。

こうした経済情勢を見つつ、チャートを確認することで、レートの動向をわかるようになり、買いか売りかを見極める方がいいでしょう。

基本的に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニカルのどちらでも良い状況でありあるいは買い傾向が同様の時は、ほぼその様に変動すると思って差し支えありません。

そういった時はポジションを増やすことによってさらに高い利益を受け取れるに違いありません。

3つ目に短期の重要点です。

ここでいう短期のスタンスは、言わば日計り取引を示しています。

為替市場で日計り取引をするにはファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)はまるっきり絡まないと断言していいです。

どうしてかというと明日の相場の変動に、ファンダメンタルズは反映されないからです。

この時の最大の狙いどころは大きい出来事がありそれによって為替レートがかなり動く一瞬を見落とさないよう行動しましょう。

例として、米国において雇用の統計が公示されるもしくは金融会議等により金利が変動するといった行事。

こんな大事な機会に変化を逃してはいけないとの理由から、短期スタンスは多様な知識が必須となる。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.clubblujazz.com All Rights Reserved.