正しくはノンフリート等級別料率制度という名で呼ばれ

自動車保険にはみなさんも知っているかと思いますが通称「等級」という指標があるのです。アイランドタワークリニック

正しくはノンフリート等級別料率制度という名で呼ばれ、保険の料金にかなり甚大に関係しているのです。

等級とは、車の保険に入っている人の透明な料金設定を担保することを一番の目的としているため事故を発生させてしまう可能性または、保険を利用する現実性が大きければ高いと認められるほど保険の掛け金が高額になります。

しかし自動車事故を発生させてしまう確率がほとんどなく、自動車損害保険を適用される確率は低いだろうと考えられる加入者は、良い保険利用者であると認定され保険の料金が値下げされます。

安全に乗用車を利用する運転者の方のほうがより優遇される仕組みだといえるため、事故を発生させてしまいやすい人にはデメリットのある機構であると考えられます。

等級という枠組みは、良い被保険者と事故の確度が大きい加入者の保険の掛金が一緒だと割高な金額を払わされていると思ってしまう被保険者が大多数なので自動車保険側からしてもリスクを押えるために欠くべからざるシステムだと考えられます。

等級という枠組みが具体的にいってどのような枠組みなのか端的にご説明させていただきます。

まずは、等級の数には1等級より20等級まで定められており数が大きくなる毎に掛金が低廉になるようになっていることが重要です。

さらに1等級?3等級の間については引き下げられず、かえって割高になり、自動車事故を起こしてしまいクルマの損害保険を使用してしまうと3等級低くなり、負担のかかる自動車の損害保険を払うことになるのです。

そして初めてクルマの損害保険に申し込む際は6等級から始まりとなりその時点から等級が低くなるのか上がるのかは運転手の心がけ次第です。

そのようなわけで保険料を低くしたい運転手は、自動車事故を発生させないように余裕を持った運転に努めていくのがまずは最も効率的といえるでしょう。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.clubblujazz.com All Rights Reserved.